研修生の声

研修生の声

基礎科 小林さん

kobayashi

基礎科 小林さん

埼玉県川口市 2013年4月

しんそうを学ぼうと思ったキッカケをお聞かせ下さい

子供の頃から脊椎側弯症で、大学病院でコルセット治療を受けていましたが、あまりの痛みで勝手に途中で治療をやめてしまいました。
それから東洋医学中心の色々な治療を渡り歩きましたが改善されることはありませんでした。知人からしんそう慮方を教えてもらい、施術後にこれまでの施術になかった「精神的な安心感」があることに気付き興味を持ちました。

実際に研修会に参加された感想をお聞かせ下さい

手取り足取り教えていただけるスタイルではなかったので最初はとても戸惑いましたが、「最初から答えと道筋を教えたら、何の進歩も喜びも生まれない」と先生方から教えていただき、とても納得できて前に進めることができました。

将来の夢についてお聞かせ下さい

いろいろ不定主訴に困って悩んでいる方たちを、これまでの施術とは全く違うアプローチのしんそう療方で、それぞれに改善できる可能性があると感じています。
そんな方々と出会いながらしんそう療方を通じて、皆さんが「自分の自然」に出会えるようなお手伝いが出来たら嬉しいです。

これから入学を考えておられる方へ一言

人の役に立てることは、自分の喜びにも繋がります。
人を癒すことは、自分自身を癒すことでもあります。
しんそう療方を学ぶことで、とても自分が助けられていることに気付きます。
難しいことはありません、一緒に学んでいきましょう!!

研修生の声 一覧に戻る