研修生の声

研修生の声

研究科 西野先生

nishino

研究科 西野先生

高知県 4月入学

しんそうを学ぼうと思ったキッカケをお聞かせ下さい

自分がこれまで学んできた治療法の中で最も刺激が少ないものでしたが、目に見えて身体の形が変化することに衝撃を受けました。この技術を学んで多くの人の役に立ちたいと思いました。

実際に研修会に参加された感想をお聞かせ下さい

基礎科の頃を思い出すと簡単そうに見えるのにできない。どうして?と言うのが正直な気持ちでした。同期と共に試行錯誤しながら学んでいくうちに、しんそうの奥深さや精神性を知りましたが今後も一生をかけて追及していくものがしんそうにはあると感じています。

将来の夢についてお聞かせ下さい

症状をおさえるという考えが現代医学の常識ですがそうではなく身体そのものが「解剖学的基本の姿位」という正しい設計図どおりの形になり手足が左右対称性に機能する事が本当の健康である。このことを検査を通じて世間に伝えていき、予防医学としてのしんそうの価値を広め「歪みなおし=しんそう」となるようにしたい。

これから入学を考えておられる方へ一言

しんそう療方は症状をなおすのではなく、症状が出る原因の形を復す根本療法です。そこに他の療法を意識したり、競争するものではなく、形を復すことを追及する根本療法です。この形を復すという理念の中から様々な気づきがあると思います。私自身、しんそう療方に出会う事ができ、ハッピーな毎日を送っています。このすばらしいしんそう療方を私達とともに学んでいきましょう!

研修生の声 一覧に戻る