お知らせ

お知らせ

9月東京研修会ブログ更新しました。

2016年9月17日、18日に2か月ぶりの
しんそう東京研修会が開催されました。
(8月は研修会お休みの為)

 

オープニングの挨拶では、久保田先生から、
旦那さんからしんそう療方をして腰をなお
してほしいと言われてうれしかったという
ようなお話があり、

 

赤石先生から、大腰筋+腸骨筋=腸腰筋のお話が、
ヒレ肉の話を交えつつ、どのように鍛えるのかが
とても体にとって効果的かというようなお話があり、
その後、一度ではなかなか順番・形・格好を覚えるのが
むずかしい技の練習を模範演技の後、行いました。

 
 

18日日曜日の研修では、定脇先生から
漏斗胸でうまく息が吸えない子どもが
形をなおすことで、呼吸をすることが
楽になったという症例があり、

 

赤石先生の解剖学では、

鎖骨下の解剖学的特徴、施術するうえでの注意点
の講義があり、

 

長岡先生から、人工関節を付けた患者さんの臨床経験を、
思い込みで施術をしてはいけないというようなお話があり、

 

その後、本日の技の、持ち上げる角度がなかなか
むずかしい手の技の練習を、模範演技の後、
各班に分かれて行いました。

 
 

最後に卒業式が行われ、何人かの先生が、
2年間の基礎科を無事に卒業されました。