お知らせ

お知らせ

2018年4月しんそう東京研修会ブログ更新しました。

2018年4月7・8日すっかり葉桜にかわった中、
しんそう東京研修会が開催されました。
始めの挨拶で、深澤先生から、健康にいい職業と
健康に悪い職業(長生の職業と短命の職業)の
紹介となぜそうなのかというお話があり、2年間
の基礎科を終えられ、今月から高等科に進級された
先生方の紹介があり、

TSTの講話では、長岡先生から、足を掴んで一呼吸で
手が伸びることにびっくりされたお話をしていただき、
本日の技を、模範演技の後、各班に分かれて練習しました。
手数が多いので、練習をかなりしないと難しい技です。
8日の研修会では、最初のお話で、アルツハイマーの
改善にタンパク質を増やすのが有効で、もしかして、
しんそう療方をすればそのような効果が見られるのでは
というお話があり、

そしてしんそう療方の東京会の代表が、長岡先生から
赤石先生に代わったという発表があり、
例報告では美王先生から膠原病の一種である全身性強皮症
の方が、顔を洗うのやクリームをつけるのが大変だったのが、
しんそう療方を受けて楽にそれらが出来るようになった、さらに
パッチワークも出来るようになったという報告があり、

今月から解剖学を担当されることになった梅原先生から、
解剖学を学ぶ意味と本日の技に関連した股関節の外転筋
と内転筋の説明があり、

今月から代表になられた赤石先生から、しんそう療方の
基本の基や、しんそう療方の特徴、一般的な歪みに対する
認識のお話があり、

本日の技を、しんそう療方の技の中でも基本的なものを
模範演技の後、各班に分かれて練習しました。