お知らせ

お知らせ

2018年2月しんそう東京研修会ブログ更新しました。

冬の寒さがまだまだ続いている中、しんそう東京研修会が
2月11日と12日に開催されました。
オープニングの挨拶では、深澤先生がお声掛けの
ちょっとした違いで、患者さんとのつながりが代わると
いうお話をしていただき、

TSTの講話では、橋本先生から、テレビで紹介される本を
買って読むが、林会長先生の本を読むとその素晴らしさが、
改めてわかる。
私たちはしんそう療方というすごいことをしているという
お話をしていただき、
本日の技を、仙骨部から全身を調整する技を、各班に
分かれて練習しました。
12日の研修では、症例報告で山本先生から、60代女性の
30年間腰痛で苦しんでいたという患者さんのお話をしてい
ただき、
赤石先生の解剖学では、肘関節を中心に、構造や動き、症状に
ついての講義をしていただき、
長岡先生から、しんそう療方を受けてスポーツの成績が
伸びたお話や、手足の左右差が少なくなると終わりが近く
なるというお話をしていただき、

本日の、呼吸がとてもしやすくなる手法を各班に分かれて
練習しました。