お知らせ

お知らせ

2017年4月しんそう東京研修会ブログ更新しました。

2017年4月9・10日にしんそう東京研修会が
桜が満開を迎える中、開催されました。

しんそう療方の研修会は、土日に開催されるのですが、
土曜日の研修会に参加するには、高等科に上がらなけれ
ばいけません。

今期もめでたく何人かの先生が、高等科に進級され、
新しい技や基礎科の技でも深いところをこれから一緒に
学んでいきます。

まずは梅原先生から、しんそう療方と心・体の関係について、
体験談を交えてお話をしていただき、

長岡先生から、股関節周辺の筋肉の説明と、
模範演技の後、今月の技の股関節から全身を
調整する手法を各班に分かれて練習しました。
 
4月9日日曜日の研修会は、4月ということで、
新入生が入られ(しんそう療方の研修会は4月
と10月からしか入ることが出来ません)
フレッシュな雰囲気のもと始まりました。

症例発表では、猪砂先生から、長年強いマッサージを
受け続けて体ががちがちになってしまった方が、どの
ようにしんそう療方で、体が変化していったかという
お話があり、

赤石先生の解剖学では、新入会員が入られたという
こともあり、解剖学の基礎的な3面や脊柱のお話や
検査に関連する関節の動きのお話があり、

長岡先生から、マッサージは揉みほぐすというより、
揉み固める、他の療法はむしろ体の形をくずしている
というお話があり、

その後、体の緊張がとけるなど、使い勝手がいい手法
の練習を、各班に分かれて練習しました。