お知らせ

お知らせ

2017年3月しんそう東京研修会ブログ更新しました。

2017年3月11日、12日にしんそう東京研修会が
開催されました。
この日は東日本大震災から、6年目ということで、会全体
で黙とうを奉げました。
オープニングの挨拶では、深澤先生
から、患者さんの気持ちに寄り添う本の紹介があり、

今月は特別に、バンザイ検査・殿屈検査・4の字検査の練習を
しました。
皆さん集中して、各自の課題を発見し、しんそう療方の基礎と
なる検査の大切さを改めて実感していただけました。
その後は、半期の復習を、今月高等科を卒業される小林先生の
見本の後、各班に分かれて練習しました。
3月12日(日)の研修では、まず体験会の報告と感想を
お話しいただき、
小林先生から、70代女性の腰痛の方と、50代の女性の脚長差
の症例があり、
赤石先生の解剖学では、主に脊柱を中心としたお話があり、
長岡先生から、日常生活の姿勢の大切さや、老化は病気?という
お話があり、
10月から2月までの技の復習を、模範演技の後、各班に分かれて
練習しました。