お知らせ

お知らせ

2017年2月しんそう東京研修会ブログ更新しました。

2017年2月、建国記念日の11日と12日にしんそう東京
研修会が開催されました。

美王先生から、考え方の癖、志向の癖がどのように
施術に影響しているかというとても為になるお話が
あり、
山本先生から、しんそう療方は素材の良さをいかに最小限の
味付けで引き出せるかということに似ているというお話があり、
梅原先生から、側弯症についての基礎的なお話としんそう
療方的なお話があり、

今月の、足の大きな腱の反射を利用した技を、模範演技の
あと、各科に分かれて練習しました。

12日の日曜日の研修は、形を整えると、自律神経が整って
インフルエンザにかかりにくくなるというお話があり、
橋本先生から、腰、脇腹の痛みの患者さんが、手の長さが
そろって気持ち悪い(いい意味で)と感じられたお話があり、
赤石先生の解剖学では、足の関節のお話から、体の歪みが
靴の減り方にどう影響するかという解説があり、
長岡先生から、体を守る自然の仕組み、抗原抗体反応のお話と、
10歳の子供の側弯症のお話があり、
今月の、ちょっと組み合わせを考えないといけない足の技を、
模範演技の後、各班に分かれて練習しました。