お知らせ

お知らせ

11月東京研修会ブログ更新しました。

2016年11月12日・13日に
しんそう東京研修会が開催されました。
まずはオープニングの挨拶で、堀越先生から
猿年は波乱万丈というお話やこれからのお話を
していただき、

 

福田先生から『しんそう訓』がどのように形作られたか、
会長先生の想いや古典の言葉などをお話していただき、

 

梅原先生から「脊柱管狭窄症」についての
臨床を交えたお話があり、

今月の技の、下肢の4つのポイントをそれぞれしっかり
筋肉などを認識しながら抑えなければいけない技を、
模範演技の後、各班に分かれて練習しました。

 

日曜日の13日は、加藤先生から埼玉県上尾市で
保育士さんを対象に開催されたしんそう無料体験会の
お話があり、

 

住田先生から、出産後の首と肩の痛みの
症例のお話をしていただき、

 

赤石先生の解剖学では、上腕二頭筋について
ご自分の経験を交えながらお話していただき、

 

長岡先生から、臨床経験からの検査の重要性や、
検査が変わっていくことでわかることなどを
教えていただき、

 

今月の技を、手を屈伸させるだけなのですが、
筋肉だけではなく、関節のことも考えながら
でないと結果が出ない技を模範演技の後、
各班に分かれて練習しました。